クリニックで治療を受けるべき包茎の種類とは?【LZR】

- 包茎が気になる人は病院で相談しましょう

包茎が気になる人は病院で相談しましょう

日本では包茎は恥ずかしいと考えられています。
しかしそもそも包茎について正しい知識を持っている人はどれくらいいるのでしょうか。
ここでは包茎について紹介してい着ましょう。
包茎とは男性器が通常時に、亀頭が包皮に覆われているという状態を指します。
包茎でない状態は、通常時にも亀頭が露出している状態になります。
少しでも亀頭が包皮に覆われていれば、包茎だと考えていいでしょう。
包皮が亀頭にかかっていなくても、完璧には向けていない状態の男性もいます。
これを潜在的絞扼型包茎といいます。
幼少期には誰しもが包茎の状態になります。
しかし成長によって徐々に向けてくるというのが自然です。
本人も包茎の状態だという自覚はないでしょう。
自覚がない分不衛生になりがちかもしれません。
皮膚が裂けてしまうこともありますし、そこから感染症になってしまうかもしれません。
もし感染症などになってしまった場合には、治療をする必要があります。
若いうちには自覚症状のないままに生活をすることができるかもしれませんが、徐々に生活に支障が出てきてしまうでしょう。
普段の生活に支障が出るようになった場合には、病気が相当進行していると考えていいでしょう。
包茎が気になるという人は、まずは包茎に悩むあなたに安全な知識で選ぶ包茎クリニックで相談してみるといいでしょう。
場合によっては治療をする必要がないかもしれませんが、まずは自分の包茎の状態を理解することが重要になります。

包茎と言っても様々な種類があります

一言で包茎と言っても様々な種類があります。
真性包茎とカントン包茎、仮性包茎という三種類に分けることが一般的でしょう。
しかし真性包茎一つでも、様々な状態があります。
真性包茎やカントン包茎の治療には保険が適用できるため、医学的には病気だとされていますが、実際には病気という病気でもありません。
清潔に保つことができるのであれば、性病の原因になることもありません。
もちろん症状が出た場合には早めに治療をする必要があります。
真性包茎などの場合には包皮の内側を清潔にすることができない事があります。
しかし軽度の仮性包茎などの場合には、自分で清潔に保つことができるので、気をつけておけば治療をする必要はありません。
実は日本人男性の半数以上は、仮性包茎だと言われています。
また男性は幼少期は包茎です。
成長によって徐々に包茎が解消されていくのです。
また、包茎を気にしているのは男性ばかりで、女性は包茎かどうかを判断することもできないという人が多いです。
場合によっては包茎が嫌いとい女性もいますが、これは包茎が不潔だからでしょう。
仮性包茎でも清潔に保つことができるのであれば、包茎であることを気にする必要はないでしょう。
もし包茎を気にしている人がいれば、まずは医師に相談してみることをおすすめします。
場合によっては治療を進められることもありますし、そのままでいいと言われるかもしれません。
自分がどういった状況なのかを理解することができます。

更新情報